久米島
沖縄へは、ダイビングで20回を
超える回数行っている。最近は
久米島へ行くことが多い。その
一番の理由は、ダイビングサー
ビスエスティバンがあるから。
「こんな魚が見たい」とリクエスト
をするけど、エスティバンはその
リクエストに次々応えてくれる。
写真の「オシャレハナダイ」は、
ウーマガイというポイントの水深
50mほどの場所に住んでいる。
ハナダイの仲間だけど、ゴンベ
のように石の上にちょこんと乗
っかっている。この時も石の上
にいたが、近寄ると石の下に
隠れてしまう。その石をどけると
また別の石の下に逃げる。そん
な事を何回か繰り返し、最後に
写真の場所に落ち着いた。背中
に岩があり、安心したみたい。
少しずつ寄りながらシャッターを
押しても逃げない。最後には、
30cmまで寄ることができた。
写真の「フリソデエビ」は、
川本さんが、どこかから見つ
けて持ってきてくれる。模様が
きれいで、形もユニーク、動き
がまた楽しい。それでいて、
ヒトデを食べてしまうというん
だからおもしろい。しばらくカメラ
撮影のモデルをすると、川本さん
の手の上に乗って、もといた場所
に帰っていく。
久米島は、夏にはイソマグロ、マンタ、冬にはハンマーヘッド、ザトウクジラなど大物を期待できる。
小物は一年中見ることができる。エスティバンは海のおもしろさを最大限引き出してくれる。
トップページへもどる
魚の名前をクリックすると、写真が大きくなります。
スジクロユリハゼ
そのほかの久米島のページです
久米島2 Kume Is.2
久米島3 Kume Is.3
久米島4 Kume Is. 4
久米島5 Kume Is. 5
Kume Is.(Okinawa)
PARADISE OF THE OCEAN
オシャレハナダイ
フリソデエビ
プリンセスモノクロブリーム
ダンダラダテハゼ
モンツキカエルウオ