2002年8月西表島へ行った。
世界中のいたるところで、珊瑚がエルニーニョや温暖化による
水温上昇で元気がなくなっている。また、奄美大島や慶良間では
オニヒトデがかなりの数発生している。
 その中で、「西表島の珊瑚は元気いっぱいだ」と聞いて、
自分の目で確かめ、写真に収めたいと思った。

 実際に潜ってみて、想像していた以上のきれいさだった。
特にバラス島や鳩間島の周辺は、時間を忘れてしまうほど
呼吸することを忘れてしまうほど、美しい世界だった。
 写真ではその美しさを表現しきれない。

 西表島から石垣島のマンタスクランブルまで遠征した。
1998年7月(珊瑚の白化現象が起こる前)に行ったときと
比べて、マンタスクランブルの珊瑚もみごとに成長していた。
以前は「マンタが出ないと何もない」と言う人がいたが、今は
マンタが出なくてもきれいな珊瑚とそこに住む魚を見るだけでも
価値のあるポイントになっている。(2回潜って2回ともマンタは
いっぱい出ました。)

 珊瑚にはいろいろな魚やカニなどが住んでいる。近づくと珊瑚の
中に隠れてしまう。小さい魚にとっては、珊瑚の中ほど安全な
ところはない。
イトヒキテンジクダイ
イトヒキテンジクダイ
ハナゴイ
イチモンジコバンハゼ
デバスズメダイ
ニシキテグリ
クラカオスズメダイ
キイロサンゴハゼ
クロオビアトヒキテンジクダイ
パンダダルマハゼ
リュウキュウキッカサンゴ
珊瑚A
珊瑚B
珊瑚C
ツノダシ
珊瑚D
珊瑚E
ノコギリダイ
魚の名前をクリックすると写真が大きくなります
トップページへもどる
西表島
西表島2
西表島のほかのページです
西表島の珊瑚と魚