伊江島
 1999年8月伊江島を訪れた。
 夏の沖縄は暑い。とは言っても気温はコンクリートに囲まれた
東京より低く、日差しがじりじりと肌を焼き焦がすのである。
 その日差しを感じることも夏の沖縄へ行く一つの理由になっ
ている。
 「沖縄はこの日差しでなくちゃ」と思っている。
 そんな夏の伊江島だった。海の中は、1年前の白化現象で
生きているサンゴは少なかった。エルニーニョによる世界的な
白化現象は沖縄にも大きな影響を与えた。その沖縄の中でも
本島の本部半島やその近くの伊江島のサンゴの被害は、特に
大きかったようだ。
 伊江島ダイビングサービスは魚に詳しい。この時初めて、モン
ツキカエルウオを見ることができた。(その後いろいろな海でモン
ツキを見たが、この時までどうしても見たい魚だった)
 伊江島へはアクセスが悪い。本部半島から定期船が出ているが
本部まで行くのがたいへん。この時は那覇から高速船マーリンが
出ていた。時速80km出るマーリンは那覇から1時間で伊江島へ
到着する。 
 そのマーリンは、赤字のため廃止になってしまった。残念。ほかの
船が那覇と伊江島間を航行する話を聞いたけど、どうなったかな。
イソギンチャクエビ
シモフリタナバタウオ
魚の名前をクリックすると写真が大きくなります
トップページへもどる
Ie Is.(Okinawa)
PARADISE OF THE OCEAN