沖縄本島滞在のダイビングは、離島とはまた違った良さを感じる。

 1997年10月と2001年8月那覇に滞在し、
慶良間・チービシ・砂辺・真江田岬をを潜った。

 慶良間の海は申し分のない海で、この時は男岩やアリガーを潜ったが、
男岩で潜ると今まで必ずイソマグロに出会えている。イソマグロは海外の
海でも見ることはできるけど、沖縄のほうが確率は高い。特に男岩は私に
とっては100%のポイントになっている。透明度が良く遠くまでダイナミック
な地形が見えて、イソマグロやウメイロモドキが泳いでいる。それでいて
岩壁には、ハナヒゲウツボが顔を出していて、マクロ写真を撮ることもできる
慶良間で一番すきなポイントだ。

 チービシは那覇からボートで20〜30分で行ける近い距離にありながら
生物は豊富で、チービシの少し先の前島などは珊瑚がすっごくきれい。98年
の珊瑚の白化現象の影響をあまり受けなかったそうで、色とりどりの珊瑚が広が
っている。もともと慶良間やこのあたりの珊瑚は色がきれいで種類が多い。
海外でもきれいな珊瑚はあるけど、これほどの種類や色はめったに出会えない。

 砂辺はビーチポイントで、透明度は慶良間にはとうていかなわないんだけど、
この海は「おもしろい」。マクロ写真をじっくり撮りたい海。
 エビ・カニやハゼ系の魚など多く、グルクマの群が口を大きく開けながら泳ぎ回り
餌を捕食している姿も見ることができた。

 真栄田岬は階段の上り下りがたいへんと聞いていたけど、実際に行ってみて、
どうってことはなかった。サイパンのグロットのほうがよっぽど疲れる。(グロットも
ゆっくり上るとそれほど疲れないけど)
 ツバメウオが有名だけど、触れるくらいまで、というよりぶつかってくる感じで
近くまで来る。それもそのはず、餌付けをしているのだ。最近は餌付けをしている
ポイントは少なくなったけど、ここではまだ行われている。観光の潜水艦が来て、
餌付けをしているとのこと。その結果ダイバーが潜るポイントより沖の潜水艦のコース
にツバメウオが行ってしまうらしい。そのツバメウオを呼び戻すためにダイバーも
餌付けをしているんだそうだ。「それって人間の勝手だよね」ちょっと考えさせられて
しまった。

 砂辺や真栄田岬の珊瑚はかなりダメージを受けていた。と言うより、珊瑚があまりない。
98年の白化現象ではどこも少なからず被害を受けたけど、少しずつ復活してきている。
しかしこの本島のポイントについては、復活に向かっていないんじゃないかな?
と感じてしまった。
トップページへもどる
ウミウシカクレエビ
ヒレナガスズメダイ
スダレヤライイシモチ
ウミヅタ
ナマコマルガザミ
ウコンハネガイ
アカホシカニダマシ
チービシ 砂辺 真栄田岬
Chiibishi/Sunabe/Maeda cape(Okinawa)
PARADISE OF THE OCEAN