海の中のひとりごと
2004.2.29   オークション


月に1回、この「ひとりごと」を更新しているのだが、「ペンが進まない」と言うと
生意気になる。でも締め切りに追われている作家のようなもので、ようやく29日になって
作業を始めることにした。
ダイビングがオフのこの時季は、土日のうち一日はテニスを疲れきるまでやって、
もう一日は「宮部みゆき」や「横山秀夫」の本を読んでいる。今日も横山秀夫の
「顔」を読んでいるうちに「ひとりごと」の締め切り?が近づいてしまった。


先月の「ひとりごと」で書いたように、ヤフーオークションでシグマ24mmのレンズを
買った。とっくに製造中止になっているものなので、値段よりも手に入ったことが
うれしかった。(値段も安かった)
その後、水中撮影機材を入れるためのバックパック、ニコノス28mmレンズや
ケミストリーのCDを買った。
バックパックとCDは購入してすでに使い始めている。しかし、28mmレンズは
まだ使っていないし、いつ使うのか予定がない。先日買った24mmが気に入って
しまっているので、24mmで写真を撮りたくてしょうがない。
そんな中で、買った28mmの出番はいつ来るのだろうか?

ヤフーオークションは買うことが楽しくて、ゲーム感覚のようなところがあるので、
気をつけないと買わなくても済むものや使わないものまで買ってしまう可能性がある。
そう感じたところで自分にストップをかけた。

そこで今度は使っていないものを売ることにした。
SEA&SEAのYS-30TTLDuoが2台あり、ポートリングとシューアーム2つを一緒に
ヤフーオークションに出品した。
YS-30は小さいストロボで照射範囲が狭いことから、ワイド撮影には向かないが、
マクロ撮影には十分な機能を持っていて、「小さい」ことで2灯になっても持ち運びが楽
というのが、最大の長所だと思う。
しかし、イノンのz−22というストロボを使っていて、YS−30の出番がないので
出品することにした。

出品することで付属品を集めたら、本体説明書・減光フィルター・その説明書・専用グリス・
予備のOリング・箱まで全てがそろっていた。
それも状態が良くてとてもきれいだったので、「これは高く売れるかな?」と期待していたら
高く売れてしまったのだ。
オークションで値段が上がっていくたびに初めのうちは「やったやったー」「また上がったー」
と喜んでいたのだが、予想を越えた金額になってからは「えっ」「いいの?」「ほんとにいの?」
「高すぎない?」と心配しながら状況を見守っていたのだった。
結局予想をかなり上回った金額で落札されたのだが、後日落札した人から
「品物がきれいで、梱包もていねいで、とても満足しています」とメールが来たので
ほっと安心したのだった。

「今度は何を売ろうかな?」
「これを売ろうかな?あれだったら売れるかな?」
しかし、少し冷静になってみると、今使っていて必要なものまで売ろうかな?と考えていることに気が付いて、
また自分にストップをかけたのだった。
海の中のひとりごとindexへ