海の中のひとりごと
2003.12.16  買い物に行ってきた


 横浜の「オープンエアー」に行ってきた。
欲しかったのは、ハウジングに付けるターゲットライト。
INONのZ-22というリングライトストロボはターゲットライトが内蔵している。
このターゲットライトはシャッターを半押しすると一定時間だけ点灯する。
しかし粘っていると消えてしまうので、またシャッター半押ししなければならない。
それも半押しではなく全押ししてしまって、シャッターが切れてしまうことも少なくない。
そんな訳で、今までほとんど使っていなかったのだ。
つい最近そのターゲットライトも点灯しなくなってしまった。故障したみたい。
そこで購入することにした訳だけど、今年の夏、加計呂麻島でナイトダイビングをして、
それがまためちゃくちゃ楽しかったことが、今回ターゲットライト購入の大きな動機になっている。

 ナイトダイビングはとにかく楽しい。普段は苦労して5cmずつ被写体に近づいていくのだが、
ナイトはそんな苦労はいらない。何しろ魚は寝ているか寝ぼけているので、レンズの最短距離
まで近寄れてしまうのだ。イザリウオや穴から顔を出しているカエルウオなどを除けば、
魚にそこまで寄れることはほとんどない。
こんなに楽しいナイトダイビングをこれからバシバシやってやる。そのためには、ターゲットライト
はなくちゃ話にならない。

 INON Z-22はとってもいいストロボだけど、ポートの先端にドカンと付いているので、ターゲット
ライトを付ける場所に苦労した。結局、グリップからアームを伸ばして、その先にターゲットライト
を付けることにした。ターゲットライトは持っていたので、それ以外のアーム類を購入し、16800円。
たかがターゲットライトのために16800円はもったいなかったが、うーん・・・しかたがない。

 「オープンエアー」にK君がいた。K君は大学生のときに座間味島のハートランドでバイトをしていて、
そこに僕がダイビングに行ったのだ。6年も前のことだがなぜかK君とT君(一緒にバイトしていた)の
ことは覚えていたのだった。K君はその後沖縄本島のボムに就職し、次に座間味のコナン、そして
昨年からオープンエアーに来たそうだ。
あの頃のハートランドのスタッフ、TさんやYさんとは今でも連絡を取ることがあるが、海とは離れて
それぞれの人生を送っている。
 K君に会ったら(と言ってもK君は僕のことを覚えているはずもなかったのだが)、6年前の夏の座間味の海
を思い出してしまった。初めての座間味の海は毎日が感動だった。海ばかりでなく島で見るものにも
感動していた。
 そう言えば、しばらく夏の座間味に行っていないなあ。沖縄はどんな時季でも好きだけど、あのじりじり
照りつける太陽の下で、へたするとばてそうな暑さの中で、「これ以上明るい海はないよ」という感じの
白い砂の海底に落ちていくダイビング、最高だなあ。
 やっぱり沖縄病は治らないなあ。治らなくてもいいけどね。
海の中のひとりごとindexへ