海の中のひとりごと
2003.2.2 個人で航空券を買う

 ダイビング旅行で、沖縄や海外へ行くときは、飛行機を使うことになる。
(学生のとき、与論島へ片道44時間の船旅で往復したことがある。学生で時間はあったし、お金はなかったし、
 今思い起こすと楽しい旅行だったけど、時間があっても今はできない)

 海外へ行く場合、個人で航空券を買うのとパック旅行(主催旅行)では、パックの方が断然安い。
 (ただしパック旅行のなかでも安いものと比べて)
一人で行くときにかかる一人部屋利用料金を考えても、パックが安い。
個人でホテルを取っても海外の場合、一部屋の料金なので、結局2人分払うことになる。

 それでも最近はJALの御空やANAのGETなど、割引の航空券が販売されているので、個人購入でも
かなり安く行けるが、それでもパックが安い。
 しかし、個人購入の場合、ホテルやダイビングサービスを自分で選ぶことができたり、マイレージポイントが
たくさんたまることなど考えて、僕もサイパンやグアムは個人購入の航空券で旅行するときもある。

 国内旅行の場合、ANAの超割やJALのバーゲンなどを利用すると、安いパック旅行と同じくらいの料金で
行くことが出来る。
同じ料金だったら迷わず個人購入がいい。
パック旅行の一番の欠点は団体包括航空券だ。これは旅行社が航空会社から団体としてまとめて購入して、
それをお客にばら売りしているもの。
これは台風で飛行機が飛ばなかったときに、航空会社のカウンターでは対応してもらえない。
「お買いになった旅行社にお問い合わせください。」ということになる。
しかし、土日や営業時間外のとき、旅行社に電話しても留守番電話が応対するだけ。
超割やバーゲンも予約変更はできないが、欠航の場合は航空会社が対応してくれる。


 今年(2003年)の上半期の割引航空券が発表になった。
ANAの超割は昨年より日数が減った。そのかわりスーパー早割という月ごとに地域を決めての割引運賃が
できたり、突然割引という名前のとおり、空席状況を見て突然割引する運賃ができた。
JALは今年もバーゲン割引がたくさん設定されている。

 
 さあ今年はどこへ行こうか。パック旅行でいいのがあるかな?航空券買ってマイレージためようかな?
PCの前で、すでに旅行を始めているのでした。
海の中のひとりごとINDEXへ
2003.2.20 どこの海が一番好き?

「どこの海が一番好き?」
今までに何回聞かれただろう。

「それぞれ海の良さが違って、順番をつけるのは難しいですね。」
なんて答え方をすることが多いけど、つまらない答えだなあと思う。
けっして嘘ではないし、その通りなんだけど、つまらない。

そこで無理やりでも何でも順番をつけてみることにした。

1位   モルジブ 魚の密度がすごい。群の大きさがけた外れ。大物にも会える。

2位   パラオ   魚の密度がすごい。群の大きさがけた外れ。大物にも会える。

モルジブとパラオの理由が同じになっちゃった。モルジブが上にきたのは、
パラオよりポイントがたくさんあること。パラオがモルジブより良いのは、透明度
です。まあでもモルジブは広いから、その分おもしろい。

3位   シパダン 群がおもしろい。モルジブパラオとは雰囲気が違う。
          「おすすめ写真」のウメイロモドキを見てもらうとわかるけど
          シパダンでなければ撮れない写真です。

4位   久米島  マクロがおもしろい。浅場から深場まであるので、たくさんの
          種類の魚を見ることができる。

5位   西表島  珊瑚の綺麗さは世界一じゃないかな?と思えるほど、珊瑚が
          活き活きしていて綺麗。
          ダイビングポイントはバリエーションがある。

6位   小笠原  何が出てくるかわからないような海。しかし、出てこないかもしれない。
            魚影は濃いので、ウメイロモドキ、ヨスジフエダイ、ホウセキキントキの群など
            とっても綺麗です。

7位   慶良間  ポイントがたくさんあって、バリエーションに富んでいる。
          珊瑚がきれい。でも今はオニヒトデが多くて、西表島に
          負けちゃっている。

8位   ラパス   アシカ、マンタ、ハンマーヘッドを日替わりで見ることができた。
          うまくするとジンベイザメまで見れる。
          でも8月後半から11月くらいまでに行くべき。それ以外の時季は
          水温が低いし、アシカ以外は見られる時季がある。
 
9位   ポナペ  珊瑚がきれい。マクロもワイドも楽しめる。夏場に行くならパラオ
          よりポナペの方がおすすめ。(パラオは夏場はブルーコーナーなど
          主要なポイントに入れないことが多い)

10位   八丈島  熱帯の魚、温帯の魚・・・見ることができる魚の種類が多い。

11位  ランギロア スキューバでイルカに会える海はそう多くはない。そのうちの
            一つ 。パス(水路)のドリフトが多く、バリエーションが少ないのが
            残念。

12位  紅海   魚の群がいい。珊瑚が元気。しかし同じ種類の珊瑚が多く
            美しさでは沖縄の珊瑚に負ける。

13位  サイパン  珊瑚がきれい。マクロがおもしろい。透明度がいいので、ワイドも
            楽しめるけど、魚の群はあまり大きくない。

14位  グアム    グアムへ行く前に、「サイパンの方がおもしろい」という人が多かったけど
             そうでもなかった。ほとんど同じくらい。写真は楽しめた。


 リピーターとしてなんども足を運びたいのは、ここまでかな。
 もちろん好みなので、人によってそれぞれ違って当たり前。
 与那国島は、楽しかったけど、一度行ったらもういいかなという感じ。でも沖縄では与那国が
 一番好きで何度も行く人も多いですよね。

 慶良間は今オニヒトデでたいへんだけど、珊瑚がもっと元気になって、順位を上げて欲しい
 です。