海の中のひとりごと
2002.11.11   ダイビング一人旅

 メロディーが歳を取ってしまった。
今までは人にあずけて、妻とダイビング旅行へ行っていたが、
メロディーが歳を取ったことにより、世話が大変になり、
あずけることができなくなった。
2人そろって旅行に行くことは難しくなり、当分は一人旅になりそうだ。

 一人旅は寂しいと感じる人もいるが、僕の場合、一日中会話がなくても
生きていける。寂しさは感じない。会話が嫌いなわけじゃないので、一緒に
潜った人たちといろいろな話をすることはそれはそれで楽しい。しかし、
一人で時間を過ごすことも悪くない。

 旅先でよく本を読む。本を読むとその世界に引きずり込まれる。現実では
ない世界に浸り、読み終わると現実にもどるわけだが、その現実は非日常
なのでそれが楽しい。
「あっ そうだ ここはメキシコだったんだ」
という感じ。

 年末に予定していたフィジーをキャンセルした。マナアイランドリゾートという
100%リゾートの島に滞在だったので、一人旅ではおもしろくない。
一人旅に限らないが、ダウンタウンのホテルに泊まって街中を歩き回ること
のほうが、リゾート滞在よりよっぽど楽しい。現地の人々の生活に触れ合う
というところまでいかなくても、スーパーマーケットや郵便局での日常の様子
子どもたちが遊ぶ姿、日曜日おめかしをして教会へ向かう様子など、
見ているとおもしろいものがたくさんある。

 年末はグアムへ行くことにした。今まで、パラオ・サイパン・ポナペの乗り換え地
として空港だけは何度も行ったことがある。
「でもどんな海なんだろう」
初めての海は、いつでもわくわくするものがある。

 3月、モルジブのブルーシャークを予約した。モルジブのダイビングクルーズは
一人旅には最高だ。一緒に潜り、食事をし、話をしているうちにみんな必ず仲良くなる。

 夏は毎年海外へ行っている。
「来年はどこに行こうか」
もう考え始めている。
ダイビングはシーズンが大事だ。最高の海でもシーズンをはずしてしまうとがっかりさせ
られることがある。夏がシーズンのところは多いので、その点は困らない。
今行きたいところは、パプアニューギニア・マジェロ・バリ・・・・・

 一つの旅で、3回楽しむ。
1回目の楽しみが、「どこに行こうかな」と考えること。これが一番楽しんでいる時間が
長いかもしれない。ダイビング雑誌でインターネットで情報を集め、旅行先を絞り込んでいく。
すでに旅が始まっている。
2回目が実際の旅行中。
3回目が帰ってきて、写真を現像しプリントする。デジカメでその場で画像を楽しむのも悪くないが、
一眼レフのカメラで、出来上がってきた写真を一喜一憂するのは楽しい。シャッターを切ったとき
「この写真はきっといける」
と感じるものだが、もちろん期待はずれはあり、たまには期待以上もある。
「このときストロボ光を強く当てていれば・・・」
などと思うときがあるが、それを次につなげる楽しみがあるから水中写真はやめられない。

 だらだらとまとまりのない文章になりました。
トップページへもどる
前の月の「海の中のひとりごと」
2002.11.23 うまいもの


ちょっと時期は早いけど、きのう忘年会をした。
飲み放題で食べ物はコースになっていた。久しぶりにうまい店へ行ったという気になった。
牡蠣の酒蒸し、牛肉のたたき、野菜サラダが特にうまかった。

ダイビング旅行でいろいろな国へ行って、食べ物がうまかったのはどこだろうかと考えてみた。
一番うまかったのはシパダン(マレーシア)かな。わかりやすくするために点数で言うと90点。
オールインクルーシブのリゾートなので、食事もビュッフェスタイルで出されたものを自分で取って
食べるんだけど、どの料理もうまかった。あとここにはバナナがつるしてあって、好きなときに自分で
取って食べる。このバナナがうまかった。甘くて少し酸味があって、日本ではまず食べられないだろうな。
その後も南の島へ行くと、現地のバナナを買って食べる。どこのバナナも日本の店に並んでいるバナナより
うまいけど、シパダンのバナナが今までで最高だ。

ポナペにはバナナ屋さんがある。大きな房のバナナがたくさんつるしてある。たいがいまだ青くて、それを買ってきて
ホテルの部屋のなかにつるしておくと、上から順に食べごろになる。20本くらいあって、100円くらいだから笑ってしまうほど安い。
ポナペにはそこいらじゅうにバナナの木があるので、安いのは当然か。
ポナペの泊まったホテルのレストランはまずかったので(50点)、町に食べに行った。日本人経営の店が何件かあり、どこもうまかった。
80点。
ポナペの店は食べ残すと、何も言わなくても容器につめて持ち帰らせてくれる。持ち帰っても食べきれなくて、猫にあげたりした。
猫と言えば、話は変わるけど、ポナペでは犬は食べちゃうんだ。ダイビングサービスで犬を飼っていて、ちょうど子犬が産まれたばかりで
これがかわいいんだ。でもたくさんいるので、「子犬はだれかにあげるの?」と聞いたら、「食べないでねって、言ってあげたんだけど、やっぱり食べちゃったの」と言ってた。

紅海のリゾート地のシャルムエルシェイク(エジプト)のホテルの食事もうまかった。80点。
しかしデザートなどは甘すぎてほとんど手をつけなかった。
甘いのはデザートだけじゃなくて、エジプト人は紅茶に砂糖大さじ3杯くらい入れるんだ。暑さ対策なのか?

パラオには日本人経営の飲食店がたくさんある。そういった店は日本人の好みを知っているし、繊細な味付けを
しているので、80点以上。値段がもう少し安いといいんだけど。
しかしレストランFはまずかった。15点。だしをとっていない味噌汁という感じ。食べているうちに怒りさえ沸いてきた。

サイパンは大きな観光地なので、いろいろな店があり、それぞれうまいまずいがあるんだろうな。「にんにくやグロット」は
うまかったよ。90点。

ラパス(メキシコ)は、メキシコ料理・イタリヤ料理・中華料理・アメリカ料理?などいろいろ食べた。屋台のタコスは80点。
味は80点でも値段が安い(100円くらい)し、海沿いの屋台で食べるタコスはそれ(80点)以上のものがあった。
ラパスはどの店も80点くらい。

中華料理はどこの国で食べても、期待はずれの味はないので食べることが多い。
海外に行くと、ラーメンを食べたくなる。でもラーメンは海外の中華料理屋にはない。ラパスではやはりラーメンがないので
ワンタンを食べた。
ロスアンゼルスの空港に中華料理・日本料理・ハンバーガーショップなどが並んでいるところがある。好きな店で好きなものを
買って、食べるところは店の前にたくさん並んでいるテーブルで食べる。
ここでもラーメンを食べようと思った。はじめ中華の店へ行ったらラーメンはなくて、「やっぱりラーメンはないんだ」とがっかりして
いたら、隣の日本料理の店にラーメンがあった。ラーメンは日本料理だった。日常食べているラーメンは日本人が考えて作り出したのもなんだ。なんでそれまで気が付かなかったんだろう。

モルジブは2回行っているけど、2回ともダイブクルーズなので、船の食事しか食べていない。
ブルーシャークの食事はカレーがうまい。1回目の乗船のときのほうが、2回目よりうまかったのはなぜだろう。カレーは80点。
しかしご飯が細長くてパラパラしたインディカ米。ウワッ、日本米でカレーを食べたらもっとうまいのに!

ランギロアのペンションミキミキの食事もうまかったな。85点。海外へ行くと和食を食べたくなるけど、この時はならなかった。
食事がうまいと和食を忘れることができるんだ。

結局どこもうまいんじゃん。
でも沖縄はもっとうまい。那覇で泊まるときは「パヤオ」という店へ行く。タロイモのコロッケが最高。95点。
でも沖縄料理って、うまいものは多いけど、「これは食べにくいよ」というのもある。ミミガーは苦手。
いろんな島があるけど、那覇と宮古島がうまい店が多い。
お寿司を沖縄で食べた。2人でお店へ行ったので、並と特上を注文したけど、違いはねたの大きさだけだった。
普通、並と特上だと赤みと大とろ、たことうにみたいな違いでしょう。沖縄(その店だけか?)は、ねたの大きさだけだった。
それから沖縄で寿司は食べない。

寿司と言えば、八丈島の島寿司はうまいね。90点。小笠原にも島寿司はあって、それもうまいけど、八丈はいろいろな魚の種類があるのに対して、小笠原はさわらの一種類。からしがなぜか合うんだ。

海外の食べ物は珍しさがあっておもしろいけど、やっぱり日本のほうがうまいな。日本人にあっているんだろうね。あたりまえだけど。
きのうの忘年会の料理がうまかったから、よけいにそう思ってしまった。