海の中のひとりごと
2005.4.10  パラオスポート


2005年3月末にパラオスポートに乗船した。

パラオスポートにはそれ以前に乗ろうとしたことがある。
1998年の年末だった。
しかし、直前に仕事が入ってキャンセルした。
初めての海外ダイビングで期待していたのに、4万円のキャンセルチャージを支払って
替わりに1泊2日で寒い大瀬崎に行ったのだった。(大瀬崎はそれなりに楽しかったが・・・)
その後1999年の夏と年末、2004年の3月末と3回コロールステイでパラオに行った。

パラオにはグアム経由と直行便の2つの行き方があるが、それぞれ長短がある。
グアム経由は、
   ・時間がかかる。(グアムでの乗り換え時間が長い)
直行便は
   ・定期便ではないので、自分の都合と日程が合わないと行けない。
   ・出発が夜遅いのでパラオ着が夜中になり、翌日のダイビングが寝不足で辛い。
   ・直行便の期間はパラオのダイビングサービスなど混みあうことが多い。

短だけを書いたが、長は逆になる。
僕は初めてのパラオの時直行便で行った。経由便のほうが好きなので、それからは(今回も)
経由便にしている。

パラオに着き、送迎のバスに乗ってウエストプラザ マラカル ホテルに行った。
マラカル島にあるホテルで、グレードは高くはないが比較的新しいホテルなので、きれいだった。
部屋は広く一人で使うにはもったいない広さだった。

翌日スピードボートでパラオスポートへ、1時間弱で着いた。
ダイビングや船内の案内を聞きながら朝食を取った。パラオスポートは日本人経営なので、
ダイビングスタッフは主に日本人であり、食事は和食や日本人の口に合ったもので、
船の中は日本そのものだった。
その日からダイビングが始まった。

乗船した日は一日3ダイブだが、2日目からは4ダイブになる。ナイトダイビングがある日はさらに1ダイブ
増えることになる。僕は2日目にナイトダイビングをしたので一日5ダイブしたが、不思議なことに
それほど疲れを感じなかった。ダイビングの間に横になって休息がとれたことや、ダイビングのポイントまで
が近く、あまり体力を使わないで済んだことが理由かもしれない。

1ダイブは40〜45分くらいだった。最近のダイビングは1時間を越えるのが当たり前
のようになってきているので短い感じがしたが、一日4ダイブもするので1時間も潜っていたら
4ダイブ目は日が暮れてしまうだろう。

パラオは「マンタが見たい」というお客が多い。しかし僕はいつもこのことには困っている。
マンタポイントには行きたくないのだ。1回なら行ってもいいけど、マンタが見られないと
2回3回4回と行くこともある。これには困ってしまうのだ。
マンタを見るなら石垣島のほうがいい。見られる確率は高いし、透明度がいい。マンタも人に慣れていて
触れるくらい(触ってはいけないが)近くまでやってくる。だからパラオまで来てマンタを見なくてもいいんだ。
石垣島以外では、モルジブとラパスで見たマンタは良かった。4〜5枚が乱舞していた。

今回もパラオのマンタポイント「ジャーマンチャネル」に3回行ったのだが、マンタは見られなかった。
見られなかったことは全く気にしていない。マンタ狙いのダイビングでも僕はマクロのカメラを持っていって、
ヨウジウオやハゼを撮っていた。ジャーマンチャネルはマクロがなかなかおもしろいポイントなので、マンタ狙いで
なければ何回行っても楽しいポイントだった。

ブルーコーナーはいつ行っても凄いポイントで、ギンガメアジやバラクーダの群は当たり前にいるのだけど、
考えてみたらこんなポイントは世界中探してもいくつもあるもんじゃないなあと思う。今回、クロヒラアジの群を
撮れたことが嬉しかった。ヒラアジの仲間はとても好きで、魚として無駄のない形で(他の魚も無駄な形をしている
わけではないのだろうが)美しい姿だと思う。

1999年にパラオに行った時は、世界規模の珊瑚白化現象の後だったので、珊瑚は壊滅状態だったが、
昨年と今年行って珊瑚はほとんど復活したと言ってもいいくらいになっていた。

最後にパラオスポートの感想。
ダイビングレベルによるクラス分けをしていることはいいことだと思う。ABCの3クラスに分かれていた。
しかし、初心者のCクラスは必要だと思うが、AとBはそれほど差があるとは思えないので、行きたいポイント別に
分けたほうがいいと思った。
マリンレイク(あるいは似たようなポイント)に行きたかった。
タンクの空気が臭った。これはどうにかしてほしい。
スタッフの雰囲気は良かった。食事は良かったし、昼食にうどんや蕎麦を食べられたのが良かった。海外に行くと
野菜不足になることが多いが、バイキング形式なので野菜をたっぷり盛った。
3日間で12本潜れたのでそれも満足した。大好きなナイトダイビングもできた。
一日中海の上にいるのは気持ちよかった。
コロールからの船の移動がないのは楽チンだった。天気が悪い日のコロールとダイビングポイントの移動は、
寒くけっこう辛いものなので、本船からテンダーボートに乗り換えて5分でポイントに着くのはほんとにいい。
ダイビングクルーズ船を初めて体験するにはパラオスポートは揺れないのでおすすめだと思った。

写真はPage7 パラオ 05.3   Page8 パラオ 05.3b
海の楽園・ダイビング