八丈島4
2002年9月 

八丈島が4ページ目になった。

 羽田八丈島の1便で飛んで、着いたその日に2ダイブ
翌日2ダイブして、最終便(4便)で帰ってくる。
 今回は最終便が取れず、3便で帰ってきたが、それでも
2日間で4ダイブできてしまうのがいい。

 「超割」で行き、それも9月というベストシーズンでも
あったため、レグルスダイビングサービスは満員だった。
満員でもダイビング1グループの人数を抑えているので
十分楽しむことができた。
 それでも1グループの人数は少ないほうがいいので、
超割期間をはずして行きたいと思っているが、なかなか
行けないでいる。

 今年(2002年)の八丈島は、水温が高く、南方系の魚
が多く、とってもおもしろい。どうやらそれは八丈島だけでは
ないようで、大島(グローバル)に10月のダイビングの予約を
したら「今年は例年以上に南のさかなが多いですよ」という
メールが来た。

 水温は高く海はとってもおもしろいのだが、遠くの台風の影響か
ビーチポイントは、「底土」しか入れない状況だった。しかもあまり
透明度は良くなかったらしい。そこでボートダイビングになった。
「局長浜」「板場」で潜ったが、これがおもしろかった。けっこう浅い
ところにアケボノハゼがいたり、イトヒキベラ系がいろいろいたり、
よかったよかった。

マルスズメダイ
 とっても地味なスズメダイだけど、ひれがすっと伸びた
姿かたちがいい。

ナメモンガラ
 八丈島や小笠原ではよく見るが、沖縄では見たことがない.
八丈島へ行ったらぜひ見たい魚だ。
この写真は100mmマクロで撮ったが、50mmや28mm、
20mmで撮りたい。

ニシキイトヒキベラ
 この写真と図鑑を見比べながら、ニシキイトヒキベラと判断
したが、あまり自信がない。イトヒキベラ系はきれいだ。
ただし、撮影が難しい。寄って撮れたらいい写真になるんだけど。

タテジマへビギンポ
 あまり話題にならない魚だけど、きれいな魚だと以前から
思っていた。近くによっても逃げない魚だ。
タテジマへビギンポ
ナメモンガラ
キイロイボウミウシ
イソコンペイトウガニ
イソバナガニ
イロブダイ
ベニヒレイトヒキベラ
キンチャクガニ
ニシキイトヒキベラ
ミナミハコフグ
マルスズメダイ
キリンミノカサゴ
スジハナダイ
八丈島 Hachijo Is.
八丈島2 Hachijo Is. 2
八丈島3 Hachijo Is. 3
八丈島の別のページです。
トップページへもどる
Hachijo Is. 4
PARADISE OF THE OCEAN