座間味島3
2003年5月座間味島へ行った。
2月に行き、ウミウシを撮りまくったのが忘れられず、ウミウシの時季が
終わらないうちに、また行くことにしたのだった。

ウミウシは6月くらいまではよく見られるらしい。その後も見られるらしい
けど、数は減ってくるようだ。

今回2日間で5本潜った。1本あたりの時間が長く、60分〜80分で、
おかげであまりシャッターを切らない僕も、1ダイブ1ロールのダイビングが
できたのだった。

「ウミウシは、今年に限っては2月が爆発的に多かった」
のだそうだが、今回だって次々にウミウシが出てきた。
ゲストは5人で、全員写真を撮るので、ウミウシが1匹見つかると
順番にまわして撮影した。

しかし慶良間はウミウシだけじゃない。きれいなハナダイを見つけると
どうしても撮りたくなる。
きれいな珊瑚を見つけると
「この美しさを写真にどうしたら再現できるんだろう」
と考え込む。
そんなことをしていたので、現れたウミウシをすべては撮影していない。
すべてどころか、半分も撮影していないかもしれない。
ほかのゲストの方たちはウミウシ以外目もくれず、撮影していたようだ。
夜ログ付けのとき、その日に撮影したウミウシのデジカメ写真を見せてもらった。
「あああ こんなきれいなのがいたんだ!」
と思ったけど、それは仕方がないことでした。

このページには、ウミウシ以外の魚を載せました。
アマミスズメダイ
ハナゴイ
ハチマキダテハゼ
ハマクマノミ
フタイロハナゴイ
カシワハナダイ
カシワハナダイ
オニオコゼ
スズメダイの仲間
キンメモドキ
ケラマハナダイ
海の楽園アネックス
海の楽園・ダイビング紀行