与論島4
タマゴイロイボウミウシ
ゾウゲイロウミウシ
オラウータンクラブ
ウミウシの仲間
ピグミーシーホース
ピグミーシーホース
珊瑚
サンゴテッポウエビ
シロボンボンとキンクタ
スミレナガハナダイ
2004年5月末

今回はマクロレンズしか持っていかなかったが
あまみ丸という沈船ポイントでは、ワイド的にも
とてもおもしろかった。
透明度がよく、沈船を撮影してもおもしろい写真
になりそうだったし、潮通しのよいポイントで
イソマグロが20匹くらい泳ぎまわっていたの
だった。カメラを向けないためか、すぐ近くまで
寄ってきて、ダイバーウォッチングをされている
ようだった。
スミレナガハナダイはそのポイントで撮った。

サンゴテッポウエビは珊瑚のなかで暮らしている
ので、撮影は難しい。動きは少ないのだが、
ストロボの光がまともに当たらない。そこで
絞りを通常より開けて、さらに数段階の絞りで
撮影した。INON Z22はリングストロボなので、
光が珊瑚の隙間に入っていきやすく、このような
撮影には向いている。
ピグミーシーホースは、バックを青くしたかったのだが
ストロボ発光がZ22は4分の1発光までしかないので、
さらにシャッタースピードを遅くしたのだが、それにも
限界があり、思ったような青にならなかった。
ポイントとしては、青抜きのピグミーに最適な場所だった
ので、残念。またの機会に挑戦しよう。
海の楽園・ダイビング