マーシャル1
2003年7月マーシャルへ行った。

マーシャルは「マーシャル諸島共和国」という独立国で、29の環礁から
できている。
マジュロ環礁は首都がある環礁で、日本からの観光はマジュロが主になっている。
今回ダイビングは主にマジュロ環礁でしたが、好天の最終日にアルノ環礁に行った。
アルノ環礁は透明度がすばらしく良かった。ログブックには透明度50mと書きこんだ。
アメリカによる水爆実験が行われたビキニ環礁は、マーシャルの環礁の一つで、
海は放射能汚染はないそうだが、陸地はまだ放射能が残っている。もちろん人は
住んでいない。

マーシャルというと多くのダイバーはその位置を知っているが、ノンダイバーは
10人中8人くらいが「どこにあるの?」と聞いてくる。
「グアムとハワイの間」「グアムの東、ハワイの南東」
などと答えている。

マーシャルは距離ではそれほど遠くないが、アクセスの悪さから「とても遠い場所」
である。
その遠い場所へどうして行く気になったか?
一つはいろいろなところから「マーシャルは珊瑚がきれいだ」と聞こえてきたからだ。
もう一つは、グアムやポナペのダイビングサービスのオーナーが、
「マーシャルに行ってみたい」と言っていたからだった。

成田からグアムまで3時間と少し、グアム空港に着いたのは夜中の1時前、マーシャル
行きの飛行機は8時過ぎに飛ぶ。7時間以上空港で待つことになる。国際空港の
出発ゲート前待合所の椅子は、一つ一つが肘掛で仕切られている。3つ4つの椅子を
使って横になることはできないので、椅子と荷物を置く場所の境には仕切りがなく
そこで寝ることにした。なんとか寝ることはできたが、もう一度この経験はしたくない。
グアムに前日の夕方までに着いて、グアムで1泊するほうが、旅行費が高くなることを
考えてもいいなあと思った。

グアムからマーシャルへ行く飛行機は、グアム−チューク−ポナペ−コスラエ−
クワジェリン−マーシャル−ハワイと飛ぶ。
大ざっぱに言うと、「1時間飛んで、1時間空港にいて・・・の繰り返しだ」
グアムからマーシャルまで8時間かかり、日本からは20時間ちかくかかったことに
なる。
グアムを朝8時に出発し、時差もあるのでマーシャルに着いたときは、夕方7時に
なっていた
迎えの車に乗り、ロバートレイマーズホテルまで行き、チェックインした。
泊まったバンガローはとても広くきれいだった。今までに泊まったコテージ・バンガロー
(シパダン、タヒチ、イルデパン、ポナペ)と比べても一番きれいで、
「これスタンダードじゃなくてデラックスじゃないの?」と料金を心配したが、スタンダード
だった。デラックスは、オーシャンビューになる。
ロバートレイマーズホテルは、もともとビジネスホテルだったそうで、今でもバックパッカー
も使うと何かに書いてあったが、バンガロータイプはしっかりリゾートしていた。
アルノ環礁
アルノ環礁
アルノ環礁
アカメハゼ
デバスズメダイ
アルノアルノ
ギンガメアジ
ギンガメアジ
ハゼの仲間
ハゼの仲間
飛行機
ヒメホシハゼ
ヒレフリサンカクハゼ
イシヨウジ
イトマンクロユリハゼ
カメ
カメ
キイロサンゴハゼ
クジャクスズメダイ
クジャクスズメダイ
クラカオスズメダイ
海の楽園アネックス
海の楽園・ダイビング
マーシャルの珊瑚