石垣島2
2004年12月末、石垣島へ行った。
冬の沖縄は人が少なく、海の中は魚影が濃く、
写真をのんびり撮るには良い時季だと思う。
しかし、冬なので寒いのは仕方ない。少しでも暖かいところ
と思って、沖縄本島周辺ではなく八重山にしたのだが、
水温も気温もそれほど違うものでもない。

水温はこの時季22℃くらいで、ドライスーツや6半なら全く
問題ないし、僕は5mmツーピースにフードをかぶっただけ
だったが、それほど寒くはなかった。1時間を越えるとさすがに
寒くなってくるが、気に入った被写体を夢中に撮影していると
寒さを忘れるのだった。撮影が終わると突然寒さに気がつくの
だが。

本当に寒いのはボート上で、船が走って風を切るとこれはもう我慢できない。
そこで、冬の沖縄はポイントが近く船に乗っている時間が短いこと、
あるいはクルーザータイプのボートで風除けがあり、できれば着替えまで
できてしまうこと、この2つのうちのどちらかでなければならない。

今回利用した石垣島ダイビングスクールは、ボートが大型のクルーザータイプで
海から上がるとすぐに着替え暖かくできたので、寒さを感じずに済んだ。
ボートに温水シャワーがあると完璧だったけど。

「冬の沖縄」というと書くことは「寒さ」のことばかりになってしまう。しかし、寒さ対策
さえできれば、沖縄は冬もいいところなんだ。台風も来ないしね。

冬は北風が強く吹くことが多いので、海が荒れやすい。北に面している海は、
ダイビングができない日が多くなる。石垣島の場合、川平などは冬場に弱いが、
南側はダイビングが中止になる日はほとんどないという。
今回北風が強い日もあったが、竹富島の島影のポイントなどで、穏やかなダイビング
ができたのだった。

海の中は・・・
写真を見てもらうほうが様子がわかってもらえるかもしれない。
のんびり楽しく写真が撮れた。
銀塩とデジカメの2つを持って海に入り、どちらもマクロなので、小さい生き物を
探し(見つけてもらって)、時間をかけて撮影した。
デジカメの写真はデジカメyの部屋を見てください。
アカホシサンゴガニ
クビナガアケウス
アカヒゲカクレエビ
ハダカハオコゼ
ハナゴンベ
ハナヒゲウツボ
ハナヒゲウツボ
ヒレグロスズメダイ
ニセアカホシカクレエビ
ニセアカホシカクレエビ
ホシカザリハゼ
イソバナカクレエビ
ヒメオニオコゼ
海の楽園・ダイビング