イルデパン2(ニューカレドニア)
イルデパンではカメをたくさん撮影した。
ここのカメは泳ぐのが遅い(気がした)。
そのため、フランス人ダイバーに見つかると
追いかけまわされていた。

上から2段目の2枚のカメの写真は、ボート下に戻り
「そろそろ浮上しようかな」
と思っていたら、
別グループのフランス人ダイバーに
カメが追いかけられてきたときのものだ。
それもこちらに向かってくる。
いつでもシャッターは押せるんだけど、カメが枠の中で
大きくなってくるなかで、いつシャッターを押すか難しかった。

コブシメは怒っていた。
色を黒くしたり白くしたりしながら、怒っていた。
コブシメに限らず、近く(自分のテリトリー)に大きな物体(人間)
が寄ってきたら、怖いだろうし、怒るのも当然だろう。
近寄っていくときは、ゆっくり優しい気持ちで寄っていくんだけど、
それでも怖いだろうね。

フィッシュアイ(魚眼)というレンズは、画角が超広いために
魚にかなり近寄らないと大きく写らない。
したがって単体の魚では、大きい魚でかなり近寄らないと
写真としてはつまらないものになってしまう。
イルデパンで一度、今まで見た中で最大のナポレオンを見たが、
残念ながらこのナポは警戒心が強くてまったく寄らせてくれなかった。
結局撮れなかったうえに、ガイドとはぐれてしまった。

大きく写っているカメは、ほとんどぶつかりそうな距離で撮影した。
コブシメは30cmくらいだった。
サメはよく寝ていたので、20cmくらいまで寄った。
それでもピクリともしなかったので、
もっと寄ることはできたと思うが、咬まれるといやなので
やめた。
イルデパンのカメ
イルデパンのカメ
イルデパンのカメ
イルデパンのカメ
海の楽園アネックス
イルデパンのカメ
イルデパンのカメ
オレンジフィンアネモネ
オレンジフィンアネモネ
オレンジフィンアネモネ
サメ
コブシメ
コブシメ
Ile des Pins 2 (New Caledonia)
イルデパン3(ニューカレドニア)
イルデパン(ニューカレドニア)
海の楽園・ダイビング
PARADISE OF THE OCEAN