2003年3月末、ニューカレドニアのイルデパン島へ行った。
成田からニューカレドニアのヌーメアまでは、直行便が出ている。
8〜9時間のフライトなので体は多少きついが、時差が2時間と
大きくないことで到着してからの行動を楽にしている。

ヌーメアから国内線でイルデパンまで行くが、時間があったので
その前に水族館へ寄った。この辺の海にはオウム貝がいる。
水族館にもオウム貝が泳いでいた。こじんまりした水族館だが
時間をかけてゆっくり見ることができ、楽しむことができた。

訪れる2週間前にサイクロンが直撃していたので、大きな
街路樹が倒れて道をふさいでいて、そのためにバスは
迂回していた。

ニューカレドニアは本島でもダイビングを楽しむことができる。
「本島は大物の海で、離島は透明度がいいということだった」
離島好きな僕としては、イルデパンを選んだのだった。

ヌーメアはある程度都会なのに対して、イルデパンはまさに離島
田舎だ。
イルデパン空港から迎えに来たホテルコジューの車に乗り、ホテル
まで行ったが、途中家らしい家はなかった。ホテルコジューは、村
とは離れた場所にあり、村まで出るには時間やお金が必要だった。
毎日ダイビングをするので、村へ出る時間はなく、大好きな現地の
スーパーマーケットや食料品店を覗くことができないのは残念な
ことだった。

ホテルコジューは全部コテージタイプのホテルだった。
鍵をもらって、コテージに行くとダブルベッドが一つ。
「勘弁してくれ。日本人は(普通)ダブルベッドが嫌いなんだぜ。
 新婚ならともかく」
仕方がないので、フロントへ行き
「My room is 15. The room's bed is W bed」
フロントの人は「???」
W bedがわからないらしい。
「King size bed」と言ったらにこっとした。
「I don't like king size bed. I hope twin bed」
相手はOK OK と言ってくれた。

いつも海外ではこんな調子だ。英語は中学1〜2年程度。それも
かなり間違えてる。
「これは絶対どうにかしたい」
という時だけ、体の中からエネルギーが湧き出てきて必死に話すんだ。
話すというより伝えると言った方がいいかもしれない。
ジェスチャーも交えて。
それでいろいろな場面を切り抜けてきた。


今回の水中撮影はフィッシュアイを使って、ワイド撮影をした。
イルデパンの海中にはイソバナが多い。
このページには、色や形の違うイソバナを載せた。
イルデパン(ニューカレドニア)
海の楽園アネックス
アジの仲間
アジの仲間
バラクーダ
バラクーダ
エダサンゴ
ハナゴイ
ハタタテダイ
イソバナ
イソバナ
イソバナ
イソバナ
イソバナ
イソバナ
Ile des Pins (New Caledonia)
イルデパン2(ニューカレドニア)
イルデパン3(ニューカレドニア)
海の楽園・ダイビング
PARADISE OF THE OCEAN