西表島3
2004年8月、6回目の西表島へ行った。
今年は台風が多い。毎週やってきては、沖縄を暴風雨に巻きこんでいる。
出発前に台風15号がやってきて、日本の上を通り抜けたなと思ったら、南の海には
怪しい雲がたくさんあった。それは予想通り台風16号になり、17号もできた。

着いた日に1本潜り、翌日は近づいて来る台風17号を気にしながらも3本潜った。
一日2ダイブでのんびり過ごすことが好きなのだが、今回は潜れる時に潜っておかないと
どうなるかわからなかった。

やはり次の日は近くまで台風がやってきたのでダイビングは中止、民宿にこもってい
た。暴風雨で外に出ると物が飛んできそうで危ない。オリンピックを見ていたが、
断続的に停電になっていた。
翌日目が覚めると、雨風がピタリとやみ、日差しこそないものの静かな朝だった。
「急にスピードを上げて行っちゃったかな?」
と思ったのは間違いで、3時間くらいしたら雨風が始まった。
台風の目に入っていたのだった。
その後の雨風は、吹き返しというやつで、それまで以上に激しいものだった。
午前9時ころから停電になり、24時間以上続いた。オリンピックが見ら
れない。ラジオで日本対オーストラリアの野球を聞いていたら、肝心な場面になると
アナウンサーが絶叫して、何を言っているんだかわからない。やっぱりテレビで見た
かった。

沖縄で台風にぶつかることは、決してうれしくはないのだが、どうせ来てしまったのだから
「本場の台風はどんなものなんだろう」
と楽しんでやるという気持ちで3日間を過ごした。
以前、久米島で台風の直撃を受けたことはあったが、あっという間に通り過ぎてしまったので
期待はずれ?だったのだ。
今回は台風前、暴風雨、台風の目、吹き返しとフルコースで長い時間過ごした。
沖縄の人はさすがに台風に慣れている。泊まっていた民宿(うえはら館)では、いつもと
同じように食事が出されたし、停電になれば懐中電灯やランプやラジオがすぐに出てきたし、
不自由はさほど感じなかった。裏庭のニワトリもあわてていなかった。

2日間ダイビングは完全に中止で、3日目に夕方1本だけ、ヒナイビーチという内湾
のポイントに潜った。台風直後なのに、海の中はきれいで魚影も濃く充実したダ
イビングができた。それから2日間のダイビングは天気がよく、日差しが珊瑚に差し込
み、ワイド写真を撮ることができ、満足だった。
帰りは、台風16号の進路を気になったが、沖縄にはあまり近づかなかったので、
予定通り帰ってくることができた。
海の楽園・ダイビング
アカネハナゴイ
アカネハナゴイ
アカネハナゴイ
アケボノチョウチョウウオ
アマミスズメダイ
デバスズメダイ
デバスズメダイ
イシガキカエルウオ
ガラスハゼ
ハマクマノミ
ヒレグロスズメダイ